[28]

 とうとう僕は勃起グスリまで飲まされて、お仕置き(実際には、たんなる性的虐待か拷問)されることになりました。
 せまい牢獄のような部屋で、素裸にされ、おそろしいフェミニズムの女たちの思いのままに性器まで完全支配されてしまう悪夢は、 まぎれもない現実の出来事なのであり、夢ならば覚めてくれと何度思ったことかしれません。
 何よりも苦痛だったのは、妹の真保と、従姉の麻衣子が、目をいっぱいに開いて、僕の屈辱的な姿を、見守っていたことでした。
 (従姉の水上麻衣子は、僕が子供のころにお風呂をのぞいたなどと出まかせを言い、女たちの制裁がより過酷なものになるように仕向けたのでした)
 叔母の裕美子にしても、女たちから性的虐待を受ける僕をかばうどころか、みずから率先して虐待に加わりました。
 母真由子は、僕を知り合いの女権委員朝日奈泰子に売り飛ばしました。
 僕は、女たちの仕打ちを生涯忘れないでしょう。
 僕の男としてのプライドは、二度と回復できないところまで打ち砕かれました。
 男として生まれて、こんな目に遭うとは、、、、、

     被虐小説の部屋に戻る



ℼⴭ匠⵴偈䘭ⴠ㸭ഊ㰠楤⁶污杩㵮爢杩瑨㸢猼牴湯㹧愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯楶敤⹯捦⸲潣⽭⽡琢牡敧㵴弢汢湡≫錾覮㳦愯㰾猯牴湯㹧䂁猼牴湯㹧愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯摡汵⹴潣瑮湥獴昮㉣挮浯∯慴杲瑥∽扟慬歮㸢䆃徃讃枃꺓⼼㹡⼼瑳潲杮脾㱀瑳潲杮㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺氯癩⹥捦⸲潣⽭摡汵⽴琢牡敧㵴弢汢湡≫茾莉荃荵荠莃荢㱧愯㰾猯牴湯㹧਍਍਍†猼牣灩⁴慬杮慵敧∽獪牣灩⹴湥潣敤•牳㵣栢瑴㩰⼯畭捶挮浯眯湩慬敹⹲獪≥㰾猯牣灩㹴਍†猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慪慶捳楲瑰⸱∲猠捲∽瑨灴⼺洯癵⹣潣⽭楷潮数⹮獪㸢⼼捳楲瑰ാ㰊搯癩ാਊ㰍ⴡ‭湅䠭ⵐ⁆ⴭਾ