[9]

 僕は、越石さくらに押さえ込まれたまま、叫び続けました。
 女たちは、僕が興奮して叫ぶのを、余裕たっぷりに眺めていました。
 「いいかげん、あんたうるさいよ」
 越石さくらが、マウントポジションから僕の顔をはたきました。
 「うるせえ!ブス!!」
 僕は、彼女の顔に唾をはいてやりましたが、うまく行きません。
 越石さくらは笑いながら、「女の価値を、顔の美醜で決めようとする、あんたのその価値観を、まずは矯正する必要があるわね!」
 そう言って、ビンタを何発もあびせます。
 「どうだ!痛いか!!」
 「ちくしょう・・・メガネブスどけよ」
 「あんた、それくらいにしとかないと、本当に、タダじゃすまなくなるよ」
 榎本美沙子が、僕の顔の前でしゃがんで言いました。
 「いるのよねえ。女性の取り調べだからって、意味もなくふざけたり、反発したりする男が」
 上原絵里菜も言い、僕の脇腹を特殊警棒でなぞりました。
 「越石さんから忠告されなかったの?あなたのために教えてくれたのよ」
 榎本美沙子が恩着せがましく言います。
 「し、知らねえよ!!今日は、大事な予定があるんだ。帰らせてくれ!!」
 「そんなに大きな声を出さなくてもいいでしょう」
 と、榎本美沙子は、あくまでも冷静。
 「10時に大学へ行かないといけないんだぞ。どうしてくれるんだ!!」
 「あたしたちの知ったことじゃないわ」
 上原絵里菜が目を細めました。
 「ちくしょう!!覚えてろよ」
 「ふふ、ふ。声、ぶるって来てんじゃん」
 越石さくらが、僕をからかいました。
 「ま、こんなメンバーに囲まれたら、無理もないか・・・・」
 越石さくらが、くすくす笑いをしながら続けます。
 「今日は、特別に豪華メンバーだよ」
 「だ、だまれ・・・・」
 「だから、声が震えてるって!」
 そう言って、越石さくらが、もう耐えられないというように、声を出して笑いました。
 彼女は僕を抱き起し、「ほら、言われた通り、正座しなさい。ボク」と言いました。
 越石さくらの高笑いを聞いてか、さらに女が集まって来ました。

    
被虐小説の部屋に戻る



動画 アダルト動画 ライブチャット